So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

引っ越しました!

ブログの続きは下記へどうぞおこしください!

http://www.nihonnoki.com/project/blog/
コメント(0) 

個別見学のご案内 [日本の木でつくる家]

ファイル 2015-07-17 20 19 10.jpeg

7月12日(日)の構造見学会へご来場いただいた皆様、暑い中、
真にありがとうございます。

「一日だけ?!」「もうやらないの?」と言う声にお答えするため

7月22日(火)から30日(木)まで、メールにて申し込みいただいた
見学希望のお客様をご案内いたします。

メールは、so-go@ka2.so-net.ne.jp まで、何日の何時に見学希望、
お客様のお名前、連絡先をお知らせください、
尚、ご希望の日時に添えない場合もありますので、あらかじめ
ご了承下さい。

ファイル 2015-07-17 20 20 01.jpeg

ki1.jpg


材に刻印された数字の意味、一般的に使われるホワイトウッドとの違いを
ご説明いたします。

お待ちしております!
コメント(0) 

構造見学会のお知らせ [日本の木でつくる家]

構造見学会net.jpg

完成すると全体が見えなくなる建物の中身、骨組みの見学会です。

7月12日日曜日、板橋区小豆沢で開催します。
詳しい場所は、当社までお問い合わせください、http://www.nihonnoki.com

こだわりの無垢国産材、桧と杉の骨組みです。

ki1.jpg

左端が、都心の木造住宅で一般的に使用されているホワイトウッド集成材。
外国産のもみの木の仲間を板にして接着剤で貼り合わせた物です。
シベリアの違法伐採材?シロアリの耐性は?接着剤の耐用年数は?
などと疑問がいっぱいなので、当社では使用していません。

真ん中が高温乾燥材、右端が中温乾燥材、共に無垢国産材ですが、
高温乾燥材は100度以上の高温で乾燥させるため、木の香りがなくなります。
中温乾燥材は、70度~90度で乾燥させるので、木の香りは残りますが
乾燥に時間がかかり、内部の乾燥が不十分だと変形するなど一長一短です。

天然乾燥材という選択ももちろんあるのですが、時間と用材の都合、
予算を考えると。。。と言ったところです。


ki2.jpg

そこで今、お勧めしているのがハイブリッド乾燥材!
中温で外部を乾燥させつつ、高周波で内部の水分を外部へ送り出す
併用型の乾燥方法、外部と内部の乾燥状態の差が少なくなります。

三重県の(株)西村木材店の自信作!http://www.mokuzai.jp
一本一本にJAS規格、含水率、強度とロットナンバーが刻印されます。

実物は是非、当日会場でご覧ください、よろしくお願いします。










コメント(0) 

完成見学会のお知らせ! [日本の木でつくる家]

1.jpg


ブログの更新をサボっているうちに(汗)赤塚の木の家が完成!

と、言うことで完成見学会のお知らせです。

6月27日土曜日 10:30~14:30 事前申し込み制です。

杉の床-1024x768.jpg


夏はサラッと、冬は暖かい杉の無垢床も体験できます。

仕上げには「米ぬか油」を使用しています。

桐油や蜜蝋、いろいろ自然素材系の仕上げ材があるのですが、
杉の香りの邪魔をしない、ねっとりしない「米ぬか油」がお勧めです。

階段室の通風窓.jpg


こんなところに窓があるのはなぜ?

これも現地でご確認ください!

見学は事前申し込み制です。詳細は下記をご覧ください。

http://kinoie-news.daa.jp/news/2015/06/17/%E5%AE%8C%E6%88%90%E8%A6%8B%E5%AD%A6%E4%BC%9A%E3%80%80%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%91%E3%82%AF%E3%83%88%E3%81%AA%E4%BD%8E%E7%82%AD%E7%B4%A0%E4%BD%8F%E5%AE%85%E3%80%80%E8%B5%A4%E5%A1%9A%E3%81%AE%E6%9C%A8/

写真提供:アトリエ海
コメント(0) 

新しい木の家 [日本の木でつくる家]

koshi1.jpg

最近加入させていただいたNPO法人「木の家だいすきの会」
からの初仕事が始まりました。

「木の家だいすきの会」は文字通り木の家が大好きな設計者と
施工店が集まった2002年設立のNPO法人、
木ピロ(KI-Pilot 木の家づくりの水先案内人)がコーディネーターを務めます。

NPO法人木の家だいすきの会
http://kinoie.org/

koshi4.jpg

板橋区の街中に上棟した木の家、柱はすべて4寸(約12cm)角です。
土台、柱、横架材(梁などの横方向に伸びる材)共に埼玉県産材の桧や杉。

街中に出現した小さな森!

koshi3.jpg

森の番人、シャイな棟梁も顔を覗かせています。

斜めに渡してある材は「仮スジカイ」、上棟後建物のゆがみを直し、
仮に固定するための材料で、本スジカイがはいると取り払われます。

さあ、良い家を作りましょう!


コメント(0) 

如月から弥生へ [中学生がやって来た]

hina1.jpg

2月もあっという間に終わろうとし、まもなく桃の節句、
事務所の応接コーナーに「おひな様」を飾りました。

敷物は東京松屋の「江戸からかみ」、
50年かけて復興された美しい江戸文化をお客様にお伝えしたくて、
襖を新調、張り替えの時には「江戸からかみ」を必ずご案内します。

詳しくはこちら 東京松屋
http://www.tokyomatsuya.co.jp/

hina2.jpg

2月の初旬には、今年も中学2年生が職場体験にやってきました。

hina3.jpg

今年は女子生徒さんも、鋸や鑿に挑戦!
椅子をつくりました。

子供達を受け入れて15年、最初の子供達は立派な社会人ですね、
会ってみたなー(しみじみ)。

http://www007.upp.so-net.ne.jp/so-go/kokusanmokuzai2001.html

上の記事は2001年の様子、この子達はもう29才になるんですね、
延べ20人以上の子供達を受け入れてきましたが、
一人でも「もの作り」の仕事に就いていたら、うれしいな。


コメント(0) 

昔の山仕事 [木のこと森のこと]

データを整理していたら珍しい写真が出てきたので、改めて紹介します。

十年ぐらい前かな?
「昔の山仕事を再現する」というプロジェクトに参加させていただきました。
どちらも山の中で切り出した丸太を、いかに麓へ運ぶかという先達の
知恵です。

まずは、山修羅。

山修羅B.jpg

出材する丸太で、山の中に滑り台をつくり、
この上に丸太を滑らせて、下へ下へと搬出します。

カーブの部分や減速させる部分に多くの技術・智恵(一度山肌にぶつけてから
また修羅の中に戻して減速させる等)が必要とされると言うことでした。

搬出に従い、上から山修羅を崩してゆけば、最後にはきれいにすべて
搬出されるという仕組みです。

この滑り台、ものすごい勢いで丸太が落ちて行くので、怖かった!

次は川修羅、この日はとても暑くてウォータースライダーやりたかった!
(もちろん真面目なプロジェクトなので出来ませんでしたが)

川修羅.jpg

川=水を使って、丸太を搬出する方法です。
滝等の障害物をスムースに越えさせたり、鉄砲づつみの上から下までを
つなげる道のような役割を持っているとの事でしたが、

鉄砲づつみの写真がない!

なので、電気などを使用しない「昔の山仕事」
続きをまたいつか書きたいと思います。。。。。。おたのしみに!


コメント(0) 

新作です! [日本の木でつくる家]

K2.jpg

先日、無事に引き渡しが終わった住宅です。
リビングの天井を折り上げ、梁と束を表しにしました。

床、梁・束、建具が杉材です。

K4.jpg

キッチンからの眺め

キッチンの吊り戸棚をなくす事により、開放的にリビングとつながり、
さらに奥の和室につながっていきます。

K3.jpg

和室はリビングとのつながりを重視し、柱を出さない洋室よりの意匠にしています。

襖は「江戸から紙」の二分縞なのですが、写真だと解らないですね。。。

洋室よりとはいえ、お施主様のご要望で神棚はしっかりと設けられています。

K1.jpg

寝室の床とドアも杉材、清々しい木の香りが伝わらないのが残念です。

画面上方に杉材の赤身が偏っているのは、板材の元末を揃えているからです。
柱の上下(元末)を逆さにしない様に、板材も元(根に近い方)は北
そして末を南に向けるという、ちょっとした当社のこだわり、

住まわれる方が、ますます幸せに伸びます様に、木の末を南に向けています。
コメント(0) 

土佐の木でつくる家 [素材にこだわる]

写真 2.JPG

高知県から土佐材パートナー企業登録証の盾を頂きました。

日本の木、産地とのパイプが群馬県から始まり、
多摩、西川、長野、宮崎、北山、吉野、そして高知県と広がっています。

026.JPG

昨年、見学させて頂いた高知県の原木市場、大きな材で緻密な木目、
乾燥技術の研究も進んでいるようです。

kochi3.jpg

高知県産材のモデルハウス。

産地とのパイプを重視するのは、故郷の木で家を建てることができるから。

決して「山仕事が好き」なだけではありません(笑)

どこの自治体も林業の再生に力を注いでいます。
高知県の土佐材パートナー企業制度もその一つ、

故郷の木を使って家を建てれば、故郷に貢献することにもなるんです。

もちろん!龍馬フアンが是非土佐材で!!と言うのも有りです!!!
龍馬フアンの皆さん、いかがでしょうか?


コメント(0) 

新木場へ [素材にこだわる]

shinkiba2.jpg

只今建築中の住宅には、4帖半ですが本格的な和室があります。

そこで、天井板と床柱を選びに新木場へ、

魚を仕入れに築地に行くような感じでしょうか?ワクワクします。

まずは、杉板(天井)の専門店へ、体育館ほどのスペースにどっさりと!

shinkiba1.jpg

これはと思う板を並べて確認します。

こんな美しい杉をどこのどなたが育まれたのか?

吉野材だそうです。

shinkiba3.jpg

次に床柱を選びに柱の専門店へ、ここにもどっさりと床柱が!

この中から一本だけ、施工中の住宅へ、

30分ほど悩んで、よし!これだ!!

そのこれだは、次回、報告いたします。

本格的な和室がどんどんと無くなる世の中ですが、

まだ専門店が有り、頑張っています。

本格和室の注文、お待ちしております
コメント(0) 
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。